税理士も使う、控除の種類について詳しく丁寧に解説するサイト『税理士任せ?確定申告の控除』
税理士も使う、控除の種類について詳しく丁寧に解説するサイト『税理士任せ?確定申告の控除』

確定申告とは、納税義務者が納めるべき税額を計算して税務署に申告することです。
給与から所得税が源泉徴収されるサラリーマンは、勤務先で年末調整によって税額が計算
されるために基本的には確定申告の必要はありません。
ですが、給与の収入金額が2千万円を超える人や、給与を2箇所以上から受けている人は、
原則として確定申告の必要があります。
この確定申告には納税に関する特別な知識が必要な事が多く、税理士や会計士の先生の力を
必要とすることもあります。
このサイトでは確定申告の時によく使われる、控除の種類について解説していますので、参考にしてみてください。

確定申告の相談は、税金のプロ・税理士に問い合わせてみましょう。

岡崎市で確定申告なら山本富彦税理士事務所
税務書類作成から申告まで承ります。税金の相談はお気軽にどうぞ。
岡崎市羽根町字小豆坂165-1 電話:0564-55-3320
http://x-yz.jp/

基礎控除

所得税の金額の計算をする場合に、すべての納税者が総所得金額から差し引くことができる控除が基礎控除です。

社会保険料控除

確定申告者自身や配偶者、その親族が負担する健康保険料、厚生年金、国民健康保険料、介護保険の保険料、国民年金基金の掛金などで支払った場合にされる控除のことです。

配偶者控除

納税者に控除対象となる配偶者がいる場合に受けられる所得控除のことです。控除対象配偶者とはその年の12月31日の現況で、いくつかの要件全てに該当する人です。

住宅ローン控除

正確には住宅借入金等特別控除といい、住宅ローンを利用して住宅を取得した場合に一定の条件に当てはまれば、納めた税金から還付される減税制度です。

配当控除

配当控除とは、株などで配当所得があるときに一定の金額の税額控除を受けることができる制度のことです。

生命保険料控除

生命保険料控除とは、契約している生命保険や生命共済などの支払額に応じて、一定の金額を上限にその年の契約者の所得から控除されるものです。